勃起不全は男の恥!

勃起不全改善には食生活の見直しと適度な運動を

勃起不全が起きる原因は、主に食生活の乱れと運動量の低下です。
近代化が進み、食の欧米化が顕著な日本社会、勃起不全に至る可能性は男性全員が抱えています。
男性不妊や勃起不全など他人事だ、と侮る男性が、ある意味で最も危険です。
普段からカロリーの高い料理を食べている方は同時にメタボリックシンドロームのリスクも高まります。
メタボと勃起不全と高血圧症、それらは全て暴飲暴食によって誘発され、肥満体になる事で高血圧が進行し、血圧が上がる事で勃起力が不安定になる等、それぞれの症状が複雑に絡み合い、お互いのリスクを育ててしまうのです。
勃起不全の改善を進めるためには、欧米食から和食へのシフトが大事になります。
パスタや肉料理、チーズ系メニューは基本的に高カロリーです。
外食の機会が多い男性もカロリーの過剰摂取の恐れがありますので、出来る限り自炊を意識しましょう。
豆類や穀物類は良質な蛋白質を含みながらも低カロリーですので、積極的に食生活に取り入れたいものです。
また運動量の低下を克服する事も勃起不全の改善には不可欠です。
運動と聞くと、激しいトレーニングを連想する方々が多いかもしれませんが、ボディービルダーを目指すのが目的ではなく、勃起不全の改善なら軽度の筋トレとウォーキングでも十分です。
毎朝出勤前に10分歩く習慣を付けるだけでもOKです。
また愛犬の散歩の回数を増やす、就寝前に筋トレとストレッチを行う、ダンスやトレーニングが出来る専用コントローラーで遊べる家庭用ゲームで汗を流す等、運動量の増加と言っても、ジムやプールに毎日通う必要はなく、日常生活の延長にある対策で十分良い効果を得られます。
適度な運動はストレス解消の効果もあり、勃起不全の原因である心労の改善にも結びつきます。

勃起不全になってしまう間違った自慰の仕方

自慰ができる位なら勃起不全とは無縁のように感じてしまうかもしれません。
勃起不全は男性機能が働かずに射精までいく事ができない状態ですので、自慰に苦労しなければ大丈夫そうに思ってしまうものですが、しかしながら自慰ができる場合でも勃起不全のリスクがありますし、性行為中にも中折れが発生して最後まで辿り着けない可能性もあります。
そして勃起不全を引き起こす自慰の仕方がありますが、それは自慰をやり過ぎてしまう事です。
自慰を行う場合ですと、自分で強さや速度などを調整する事ができますので、常に気持ちが良い状態で行う事ができます。
しかしながら、性行為の場合ですと基本的にはパートナーに任せる事になりますが、パートナーが自分が気持ちが良いと感じられるテクニックを持っているとも限りません。
特に自慰を頻繁に行っている方の場合、気持ちの良さを感じられるストライクゾーンの幅が狭まってしまっている事がありますので、性行為の際にもパートナーのテクニックでは満足する事ができず、勃起不全や中折れなどを発生させてしまう事があるのです。
また、頻繁に自慰を行っている方の場合ですと、精液が少なくなっているのも勃起不全の一因になります。
精液がパンパンに溜まっている状態ですと勃起力が強くなりますので、最後まで辿り着ける可能性があります。
しかし自慰をやり過ぎている場合は精液の量が少ないゆえに勃起力が弱く、それによって射精までいけない事もあるのです。
ただ、精液は毎日作られ、数日もすればパンパンに溜まります。
ですから性行為を計画しているようなら数日前から自慰を抑え、それから性行為に臨むようにする事が大切です。
基本的には自慰のやり過ぎが良くありませんので、本番で苦労しない為にも極力抑えるようにした方が良いと言えます。

薬で勃起不全を改善

最近、雑誌や週刊誌、インターネットの宣伝記事で勃起不全という言葉をよく目にします。
そもそも勃起不全とは一般的に男性の性機能障害の事をいいますが、多くの男性がこの勃起不全に悩まされています。
原因としては心理的なストレスがある場合、血管や神経に障害がある場合、特定の薬を服用している場合などが考えられます。
一番大きな要因としては心理的なストレスがあげられます。
仕事などの過度の疲労やストレス、生活に対する不安や精神疾患のうつ病などは勃起不全の大きな要因となります。
身体的な要因として、男性は加齢による勃起不全が多くあげられます。
また加齢に伴い引き起こされる糖尿病や心臓病、高血圧症などの生活習慣病も原因の一つになってきます。
また疾患では脳梗塞や脳出血、認知症やパーキンソン病などもあります。
神経症状としては前立腺肥大、腎不全なども原因となってきます。
もちろん癌などでおおきな外科的手術を受けた人も勃起障害に陥りやすくなります。
このように勃起不全にはたくさんの要因がありますが、現在は勃起改善薬もたくさん出ており、多くの男性が薬の服用で勃起障害を改善しています。
特に有名な改善薬としてはバイアグラがあります。
この薬の有効成分が勃起障害に効果があります。
しかし、あくまでバイアグラは薬であり、性的興奮を助長する作用はありません。
勃起する力を補助する役割があります。
あくまでも血液の流れを改善して勃起を促進するためのものです。
注意しなければいけないのは血流を良くする薬のため心臓に疾患がある人は服用に注意しなければいけません。
使用するときは必ず医師に相談して用量用法を守るようにしましょう。
もし、あなたが勃起不全に悩んでいるならば、医師に相談して、的確な指示のもと勃起不全を解消することをおすすめします。